MAG-LETE(マグライト)

マグライトとは

MAG-LETE(マグライト)

キャンプシーンにおける定番だったのがこのライト、マグライトと言うのが商品名で、アメリカのマグ・インスツルメント社が造っている、質実剛健という言葉がピッタリな懐中電灯で、一昔前のアウトドアマンやバックパッカーは皆これを持ち歩いてたもんだ。

過去形なのは、その昔は今の様にライトの選択肢は無く、入手しやすかったのがマグライトだったんじゃないだろうか、とか、アウトドアで両手が使えるヘッドランプがこんなにも便利だったのを知らなかったとかが、理由だと思われるが、世界中、本当に皆これを持っていたのは事実で数々の逸話が語られる。

湖に水没した車の中から出てきた、家屋の解体時にコンクリートの床から出てきたとか。数年ぶりに出てきたこれらのマグライトがそのまま使えたと。確かアメリカの警察では今でもこれを装備品として使ってるはずで、でかいモデルは人を殴る棍棒にもなると(笑

MAG-LETE(マグライト)

丈夫だと言うのはものすごく大切な「選ぶ理由」になるのは間違い無い。いざと言う時に使えない100円ショップの懐中電灯じゃ話にならない。私のマグライトも30年は経つ物があるかもしれない。

と言う事で、私は非常用のファーストエイドBOXの中にLEDタイプの物を入れてある。デスク周りに転がっているマグライトは、撮影用にちょっと明かりが欲しいな、という時に重宝する。今も現役で愛用する道具の一つである。

流石に、フィールドへ出かけた時は両手がフリーに使えるヘッドランプが重宝する、重宝するどころか両手がフリーになる自由さは譲れないので、残念ながらもはやマグライトの出番はない。

マグライトを持って各地を歩き回った者と昔話をすると必ず出てくるのだが、マグライトを口で咥えて保持する辛さ。結構な重さのあるマグライトは長く咥えてるのは顎が疲れるのはもちろん、結構な頻度で涎などが垂れてくるのだ。

想像して貰いたい、漆黒の暗闇の中で涎を垂らして尻を拭いている姿を。

ノスタルジックな気分に浸れる道具である。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. たぬきぽんた より:

    股を照らしながら尻を拭くのですかー?

    笑いました!!

    友人が防犯用に、でかいのをクルマに乗せていました。

    バットや木刀と違って、検問でもOKなんだとかw

    • gogorierie より:

      超特大は今はもう無くなってしまったようです。トンファーの様な持ち手のものもアメリカにはありました。