ヘリノックス チェアワン 軽量コンパクトなアウトドアチェアの定番になる?

ヘリノックスチェアについて

ヘリノックス チェアワン

ヘリノックスはテントポールやトレッキングポールなどを作る、ポールのスペシャリストである会社が立ち上げたブランドだ。

ヘリノックスが登場したのは2009年と、創業●●年などという、歴史があることは偉い!みたいな風潮が無くもない道具の世界では、まだまだ新しいブランドだが、あらあらと言う間に、気がつけば、このジャンルでの人気、質ともに認めるトップブランドへと成長した感がある。

今ではチェアだけではなく、テーブルにコットといったポール絡みの商品を次々と投入、そして、各メーカーとのコラボモデルなどがラインナップされるのがまた商売上手、我々好き者の心をくすぐってくる。

ヘリノックスを購入した理由

随分前の話しにはなるが、DOPPELGANGER(ドッペルギャンガー) コンパクト テーブル&チェアを購入してみたという投稿をしたことがある。

こちらから >>> DOPPELGANGER(ドッペルギャンガー) コンパクト テーブル&チェア

ドッペルギャンガー
(クリックして拡大)

その後の話、ドッペルギャンガーのチェアは見事一年も持たずに画像の通り、ボロボロに。テーブルも天板になるポールを止める部分が割れてしまってアウト、質実剛健でなければいけないアウトドア道具がこれでは使い物にならないなー、という残念なレビューを書いてしまうことになってしまった。

構造上、尻を載せる布を支える部分に負荷がかかってしまい破れてしまうという訳だ、さらにこんなに短期間にテーブルの天板のポールを支えるプラが割れてしまうのは道具としては論外なのはいうまでもない。

やはりアウトドアギアは少々の投資はしょうがないなということで、私が現役アウトドアガイドの頃には無かった、ヘリノックスチェアを購入するに至った訳である。

結論からいえば、既に購入して一年以上使って来たが、こいつは壊れない。軽量コンパクトという、アウトドア道具における必要最低限な私の要望を十分に満たしてくれる道具なのでは無いかと思った次第。

そして、残念ながら、お値段と性能は比例すると言うのがそのまま当てはまるのが、コンパクトチェアの世界なのだと認めざるを得ないなという感想である。

近々、ヘリノックスのコンパクトテーブルも購入するつもり、購入した際にはまた見せびらかしたいと思う。

ヘリノックスチェアワン 良い所と悪い所

ヘリノックスチェアワンの大きさ

こうして比較した画像を見るとイメージし易いのでは無いかと思う。2Lのペットボトルよりも一回り大きい程度、これならば持ち運びもなんとかなるかなと思った次第だ。

実際に座ってみると、身体の大きな私には、少々の不安に不満が無くもない。

地面が不安定な場所で、全体重を背もたれに乗せたりすると、ひっくり返ってしまうこともある、何度か空を見上げたこともある。

もっと身体を椅子に預けたいと思うと、男性には背もたれが少し低い(私は173センチ)、とはいえ、背もたれの長いモデルにすると、当然だが大きく重くなる。チェアワンを使わずに、もっと大きなスタンダードな椅子を持てば、ひっくり返ることは無いわけだが、軽量コンパクトというギリギリの選択を求めるならば許容範囲だなと納得しなくてはならない。

こんなに文句を並べているが、南の島への旅行などでは、スーツケースに入れて連れ歩き、野外イベントなどでも存分に活躍している訳だから、お気に入りな道具なのは間違いないものの、文句の一つや二つぐらいはあったほうが、これからヘリノックスを購入する方にはお役にたつのでは無いだろうかとおもう。

ヘリノックス チェアワンの組み立て方

ヘリノックス チェアワン

組み立て方は至って簡単。まずは折りたたまれたポールを組み立る。ポールの中にはショックコードが組み込まれているので、まっすぐにテンションを緩めてやるだけで、勝手にパチンパチンと伸びてくれる。

これで準備完了。

ヘリノックス チェアワン

後は、お尻を乗せる布にある4つのポケットにポールを引っ掛けるだけ。

力のかかるこの部分には、ドッペルギャンガーと違って、しっかりと補強された布があてがわれているので、この部分があっという間に破れてしまうという不具合は少ないだろう。

女性の方も一分もかからずに、組み立ては可能だと思う。

ヘリノックス チェアワンの収納の仕方

ヘリノックス チェアワン

組み立て方があれば収納の仕方も。

アウトドア道具の収納袋って、多くがタイトに作られていたりするので、どちらかというと、収納の方が難しいのかもしれない。

とはいえ、ポールを折りたたんで、椅子の布地を丸めて収納袋へと放り込むだけなので、何度かやっている間に綺麗に収納できるようになるのは間違いない。

組み立ても収納も一分もかからないだろう。