ダッチオーブンのシーズニング

ダッチオーブンのシーズニングの様子、鋳物のダッチオーブンを入手したら、必須の作業。

シーズニングというのは、新品のダッチオーブンを使える状態にするための作業で、錆止めのワックスなどをきれいに落として(洗って)、火にかけてあげるだけ。モノの本には小難しい事が書かれていたりもするものの、実際の作業はかなり適当です。

洗剤を使って洗った後は、サラダ油じゃなくて、天然素材の油、例えばオリーブオイルなどをドボドボに入れて、クズ野菜などと一緒に、これまたものすごく適当に炒める訳だ。

とは言え、最近はシーズニングいらずのダッチが増えて、それらを利用する人も多いみたい。シーズニングってのはやがて死語になるかもしれません。私自身も最近はアルミのダッチオーブンを使うんで、シーズニングは久しぶりの作業。

今、ステンレスのダッチを一回使ってみたいと思ってるものの、これまた大げさなシーズニングは必要無い様なので、写真は生涯最後のシーズニングだったのかもしれないと思った件。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする