ムヒアルファEX

虫刺されの季節がやってきた。

虫刺されとか痒み云々には昔からムヒSだと決まってたみたいに子供の頃からムヒを愛用しているわけだが、ムヒSの更に効果絶大バージョンがこのムヒアルファEXなのである。

ムヒが何故痒みに有効かというと、ムヒには抗炎症成分であるステロイドが含まれていて、こいつがあらゆる痒みに効果がある、というわけだ。

もうちょっと専門的な話を教えてもらった事があって、ムヒSには「塩酸ジフェンヒドラミン」という、5段階中5番目(いちばん弱い)のステロイドが使われており、ムヒアルファEXには「吉草酸酢酸プレドニゾロン(PVA)」という、5段階中3番目(強い)のステロイドが使われているとの事。

EXの中に使われているステロイドは、市販のステロイド成分の中では一番強くて、ダニ、ノミ、毛虫、ムカデ、クラゲ などの痒みにも即効性があるという訳だ。

海でのクラゲ刺されとか、毛虫刺されとか、あれこれ応急処置には効果あるんで、ファーストエイドセットには忍ばせて置くと良い仕事をすると思う。

とはいえ、あくまでも応急処置って事は覚えておく事だ。

たとえば、クラゲ一つにしても、クラゲの毒の種類は色々あるんで、どのクラゲにも効果あるのか?とムヒの製造会社に電話して尋ねたことがある。結局うやむやに話をされて、明確な解答は得られなかった事があった。

ステロイドの副作用は無いのか?も心配と言えば心配。ステロイドには様々な副作用があることはご存じの通りで、ムヒの中にステロイドが含まれているという事は成分表にも明記されていないはず、これも訪ねてもやはりうやむやな解答でスッキリせず。

でも、確かに効くんです、EXわ。よほど続けて使い続けなければ大丈夫だとは思うものの、そういう商品だという事は知ってて使うと良い、そんな話である。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です