アボカドのココット

アボカドとは

アボカドのココット

こんなもの、私の子供の頃には無かった食べ物だが、何時の頃からかスーパーで普通に購入できるようになった食材だ。

栄養満点。ディップやサラダ、はたまた生を醤油でと、色んな料理に使われるアボカドが、アウトドアでもすっかり定番食材になっている。というか、私などはアウトドアツアーで食べたディップでアボカドは覚えたクチだ。何処か海外のシーカヤックツアーでのランチに出された記憶がある。

このアボカドが、ダッチオーブンでローストするとこれが結構いけるのだ。アツアツをスプーンで掬いクチに放り込めば、ワインやビールのつまみにこれほど合うものはない。

あと、もうひと品という時にピッタリのレシピを紹介したい。

アボカドココットの作り方

アボカドのココロット

下ごしらえも至って簡単である。

半分に割ったアボカドの種をスプーンで綺麗に抜いて、窪みに卵黄を。

あらかじめ、アボカドを1センチ程度のサイコロ目に刻んでおけば、更に味が馴染んで良いかと思われるが、野外ではちょっと面倒なので私はパス。几帳面な人はやってみレバ良いだろう。

卵の黄身を置いたら、オリーブオイルを振りかけてさらにたっぷり目なブラックペッパーを。塩味はチーズでまかなえるので、私は無塩派である。卵の君は小さい方が収まりが良いのでSサイズの卵がおすすめ。

とろけるチーズをたっぷりとかけて焦げ目綺麗にするのにパン粉をパラリとすると完璧(無くても良いかも)。

上火強火で一気に焼き上げて、とろけるチーズが良い塩梅で焦げ目がついたら出来上がり。

ちなみに、12インチのダッチオーブンには12ヶ、6個分のアボカドがロースト出来る。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする